天香桂花【てんこうけいか】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
天香桂花

【読み方】
てんこうけいか

【意味】
月の中にあるという桂の花。

【語源・由来】
『長生殿』より。「天香」は天から下り来るよい香りという意味。


天香桂花(てんこうけいか)の使い方

健太
ともこちゃんは、あの月に咲くといわれている伝説の花の天香桂花のようにきれいだよね。
ともこ
伝説の花なのに、どうしてきれいってわかるの?
健太
えーっと。それは伝説になるくらいだからきれいなんだと思うよ。
ともこ
アポロ11号の乗組員が確認したというならわかるけれども、未確認情報ならうれしくないわ。

天香桂花(てんこうけいか)の例文

  1. 中国では、月には天香桂花という伝説の花が咲いていると考えられていますが、今のところ植物は発見されていません。
  2. 天香桂花と呼ばれる伝説の花は、いったい何色をしているのか気になります。
  3. 月に咲くといわれている天香桂花は、きっと夜にきらめく月明かりのように美しい花なのでしょう。
  4. 天香桂花を実際に見てみたくて望遠鏡を買ってみたけれども、ごつごつしたクレーターが見えるだけでした。
  5. 伝説として語り継がれる天香桂花のように、ともこちゃんの美しさは語り継がれるでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事