天涯比隣【てんがいひりん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
天涯比隣

【読み方】
てんがいひりん

日本漢字能力検定
2級

【意味】
故郷を遠く離れていても、すぐとなりにいるような親しい関係のこと。

【語源・由来】
王勃の詩より。「比隣」はすぐ近く、となりという意味。

【類義語】
・千里比隣(せんりひりん)


天涯比隣(てんがいひりん)の使い方

ともこ
テレビ電話ができたおかげで、遠く離れた友達と天涯比隣の関係を築くことができているのよ。
健太
それはいいね。テレビ電話のおかげで、遠くにいる友達と教室で話すように会話することができるんだね。
ともこ
そうなの。顔が見えるし、声で元気かどうかすぐにわかるしとても便利よ。
健太
技術の進歩に感謝だね。

天涯比隣(てんがいひりん)の例文

  1. 引っ越していった健太くんとは天涯比隣、いつまでも心の友です。
  2. 君が海外に行っても、天涯比隣、親友であることに変わりない。
  3. 数年に一度しか会えなくても、健太くんは天涯比隣、唯一無二の大親友です。
  4. 別々の学校に行ってもともこちゃんは天涯比隣の存在です。
  5. 健太くんと私は、身体的に距離が離れてしまっても、心はそばに、天涯比隣の関係を続けていく自信があります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事