方底円蓋【ほうていえんがい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
方底円蓋

【読み方】
ほうていえんがい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
物事が食い違って、お互いに合わないたとえ。四角い底の器に丸い蓋の意から。

【語源・由来】
「顔氏家訓」兄弟より。

【類義語】
・円孔方木(えんこうほうぼく)


方底円蓋(ほうていえんがい)の使い方

健太
ともこちゃん。次の企画では、僕とペアを組むことになったんだよね。どうぞよろしくね。
ともこ
そうなのよ。健太くんと私は、方底円蓋、いつもかみ合わないからうまくいかないに違いないわ。
健太
そんなことないよ。長い付き合いじゃないかー。
ともこ
長い付き合いだから分かるのよ。

方底円蓋(ほうていえんがい)の例文

  1. あんな方底円蓋の二人にペアを組ませるなんて、君は正気なのか?
  2. 彼と僕とでは方底円蓋、連携が取れないから、今からでも違う人と組んだほうが良いと思いますよ。
  3. 健太くんは動揺してしまっているのか、言っていることとやっていることが方底円蓋です。
  4. 普段、僕と方底円蓋の彼にパスをしてしまい、案の定パスミスになった。
  5. 彼との会話はなぜか方底円蓋で、つまらないし、時に喧嘩になったりもする。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事