手練手管【てれんてくだ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
手練手管

【読み方】
てれんてくだ

【意味】
思うままに人をあやつってだます方法や技術のこと。
あの手この手と、巧みに人をだます方法や手段のこと。

【語源・由来】
「手練」「手管」とは、ともに人をだます手段や技術のこと。
類義の語を重ねて、意味を強調している。

もとは、遊女が客をだます手段という意味の言葉。

【類義語】
・奸智術策(かんちじゅっさく)
・権謀術策(けんぼうじゅっさく)
・権謀術数(けんぼうじゅっすう)

【英語訳】
arts and wiles.
finesse of love.


手練手管(てれんてくだ)の使い方

ともこ
あら、健太くん。大きな荷物を持ってどこへ行くの?
健太
これから、おじいちゃんの家で住み込みで、柔道を習うことになったんだ。
ともこ
健太くんが柔道だなんて、意外だわ。
健太
ぼくはやりたくないってずっと言い続けていたんだけど、お母さんが手練手管を駆使して、習わざるを得ない状況になってしまったんだよ。

手練手管(てれんてくだ)の例文

  1. 彼女は彼の心を射止めるために、手練手管を駆使したと噂で聞いた。
  2. 彼は昇進するために、手練手管を使うだけでなく、同僚も躊躇なく蹴落とすようなことをしたらしいよ。
  3. 母は父に禁煙させるために、手練手管を使っているけれど、父にはその気がないものだから、禁煙は無理だとぼくは思っている。
  4. 彼女の手練手管に翻弄されて、気づいた時には財産は全てなくなっていた。
  5. 彼女の手練手管には感心してしまうほどだ。

まとめ

手練手管というように、思うままに人をあやつったり、だましたりする方法や技術とは、一体どんなものなのでしょうか?
達成したい目標がある場合には、方法や手段を選ばないことがあるのかもしれません。
あの手この手と次々に、巧みに誘導されてしまっては、だまされてしまうものなのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事