天涯孤独【てんがいこどく】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
天涯孤独

【読み方】
てんがいこどく

【意味】
身寄りがひとりもなくて、ひとりぼっちのこと。
まら、故郷を遠く離れて、ひとりぼっちで暮らすこと。

【語源・由来】
「天涯(てんがい)」とは、空の果てということ。また、非常に遠いということ。
「孤独(こどく)」とは、ひとりぼっちであること。

【類義語】
・鰥寡孤独(かんかこどく)

【英語訳】
purdah
solitude
solitariness
loneliness

【スポンサーリンク】

天涯孤独(てんがいこどく)の使い方

健太
ともこちゃん、どうして泣いているの?
ともこ
この本は、天涯孤独で過ごした人の一生の物語なの。読み終えたけれど、さみしくてつらくて涙がとまらないわ。
健太
一生ひとりぼっちだったなんて、とてもさみしかっただろうね。
ともこ
私は、家族や友達を大切にしようと思うわ。

天涯孤独(てんがいこどく)の例文

  1. 彼は幼い頃に父を亡くし、母親と二人で暮らしていたけれど、先日母親も亡くなってしまったらしい。親戚とも疎遠になっていると話していたから、とうとう天涯孤独になってしまったようだ。
  2. 彼女は天涯孤独の身で、友人もいないようだから、ひっそりと暮らしているらしい。
  3. 天涯孤独だからといって、自棄になってはいけないよ。周りの人を大切にすることから始めてみないかい。
  4. 彼は天涯孤独だから、一人には慣れていると笑っていたけれど、とてもさみしそうに見えた。
  5. 戦いを終えて故郷に戻ったけれど、家族はみんな亡くなっていて、ぼくは天涯孤独となった。

まとめ

天涯孤独というように、身寄りがひとりもなくてひとりぼっちになってしまうことは、とてもさみしいことではないでしょうか。
家族や親戚と疎遠になってしまったり、亡くしてしまったりすることがあるかもしれません。
しかし、友人や身近な人を大切にすることで、人との繋がりは生まれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事