遅速緩急【ちそくかんきゅう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
遅速緩急

【読み方】
ちそくかんきゅう

【意味】
遅いか速いか、緩やかか厳しいか。

「遅速」は、遅いことと速いこと。「緩急」は、緩やかなことと、厳しいこと。

【類義語】
・前後緩急(ぜんごかんきゅう)


遅速緩急(ちそくかんきゅう)の使い方

ともこ
健太くんの変化球はすごいわね。
健太
遅速緩急を感じるでしょう?
ともこ
変化球というか魔球よね。
健太
この変化球を編み出すのに5年かかったんだよ。

遅速緩急(ちそくかんきゅう)の例文

  1. たまに都会から田舎に来ると、時間の遅速緩急を感じる。
  2. ともこちゃんの作業は一定のスピードだが、健太くんの作業は、遅速緩急がある。
  3. 台風と一口でいっても遅速緩急があり、大きさによっても被害が変わってくる。
  4. 日本の電車は優秀で、定刻が当たり前だけれども、海外の電車は遅速緩急、定刻に来る方が驚きだ。
  5. 朝はなぜか時間が3倍速で、遅速緩急を感じる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事