秩序整然【ちつじょせいぜん】の意味と使い方の例文(対義語)

【四字熟語】
秩序整然

【読み方】
ちつじょせいぜん

【意味】
物事の順序が正しく整っていること。

「秩序」は、物事の正しい順序。「整然」は、きちんと整っていること。

【対義語】
・物情騒然(ぶつじょうそうぜん)


秩序整然(ちつじょせいぜん)の使い方

健太
なんだか秩序整然とした街だね。
ともこ
戦争で町が焼け野原になってしまったんですって。その後に整備されたから、秩序整然としているんでしょうね。
健太
なるほどー。大変な目に遭ったんだね。
ともこ
戦争って迷惑でしかないわよね。

秩序整然(ちつじょせいぜん)の例文

  1. この町は、育った町と違って秩序整然と並んで電車を待つ。
  2. ともこちゃんの本棚は、秩序整然としていて探しやすい。
  3. 運動会の入場式で、生徒たちは、軍隊のように秩序整然と行進していた。
  4. そこに居合わせた人たちは、まるで号令をかけたかのように秩序整然と進んでいった。
  5. 健太くんが来るまでは、空手部の部室は秩序整然としていた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事