兎走烏飛【とそううひ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
兎走烏飛

「烏飛兎走」(うひとそう)ともいう

【読み方】
とそううひ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
歳月がせわしく過ぎ去ること。

【語源・由来】
荘南傑の「傷歌行」より。うさぎは月にすみ、からすは太陽にすむといわれ、歳月にたとえる。

【類義語】
・烏兎匆匆(うとそうそう)
・露往霜来(ろおうそうらい)


兎走烏飛(とそううひ)の使い方

健太
もう卒業するだなんて信じられないね。
ともこ
本当よね。昨日入学したばかりの気分だわ。兎走烏飛って本当よね。
健太
卒業までの時間に、僕は何かをなし遂げることができたんだろうか。
ともこ
健太くんは、さぼって眠って怒られてばかりだったわよね。時間の無駄遣いっぷりがすごかったわ。

兎走烏飛(とそううひ)の例文

  1. あっという間に年老いて、兎走烏飛、光陰矢の如しって本当だ。
  2. 店をオープンしてから軌道に乗せるまで、あまりに一生懸命だったから、この五年間が兎走烏飛でした。
  3. 人生を振り返ってみると兎走烏飛でした。
  4. ハイハイしていたあの子がもう成人式だなんて兎走烏飛、歳月が経つのははやいものだねえ。
  5. 兎走烏飛というから、時間を大切にしてこの人生を生きていきたいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事