長夜之楽【ちょうやのたのしみ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
長夜之楽

【読み方】
ちょうやのたのしみ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
昼夜を通しての大宴会。夜が明けても窓や戸を閉じて灯をともし続けて酒宴を張ること。

【語源・由来】
『史記』「殷紀」より。殷の紂王が酒池肉林の大宴会をした故事から。一説にこの酒宴は百二十日続いたといわれる。

【類義語】
・酒池肉林(しゅちにくりん)
・長夜之飲(ちょうやのいん)


長夜之楽(ちょうやのたのしみ)の使い方

健太
来週は恒例の新入生歓迎会があるんだ。
ともこ
へえ。楽しみじゃないの。
健太
楽しみじゃないよ。その宴は長夜之楽、昼夜関係なく続く大宴会なんだよ。
ともこ
健太くんはお酒が苦手だもんね。お酒を飲むふりをしてウーロン茶を飲めばいいじゃないの。楽しむことができるといいわね。

長夜之楽(ちょうやのたのしみ)の例文

  1. 王様の結婚のお祝いに長夜之楽が開かれ、国民も招かれました。
  2. その長夜之楽は、伝説の120日間には遠く及びませんでしたが、三日三晩続きました。
  3. 長夜之楽が開かれ、お店のお酒を全部飲みつくしてしまいました。
  4. 健太くんが結婚するなら、ぜひ独身最後のお祝いに長夜之楽を催そうじゃないか。
  5. 長夜之楽の後、飲みつかれて二日間ずっと眠り続けました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事