知徳兼備【ちとくけんび】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
知徳兼備

【読み方】
ちとくけんび

【意味】
知識と道徳を兼ね備えていること。

「知徳」は、知恵と道徳。「兼備」は、かねそなえていること。

知徳兼備(ちとくけんび)の使い方

健太
うわあ。ともこちゃん着物が似合っているね。
ともこ
そうでしょう?
健太
着物を着ると知徳兼備に見えるよ。
ともこ
見えるんじゃなくてそうなのよ。

知徳兼備(ちとくけんび)の例文

  1. ともこちゃんのお母さんは、知徳兼備の賢夫人です。
  2. 知徳兼備のともこちゃんは、次期生徒会長候補にぴったりです。
  3. 健太くんは、知徳兼備な上に、空手の有段者なので、空手部部長は彼しかいない。
  4. 今年の新入生は、なぜか知徳兼備な子ばかりです。
  5. ともこちゃんが率いる茶道部には、知徳兼備な女子生徒がたくさんいます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事