党同伐異【とうどうばつい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
党同伐異

「同じきに党がり異なるを伐つ」とも読む。

【読み方】
とうどうばつい

【意味】
善悪・正否に関係なしに、同じ党派のものに味方し、他の党派のものを排斥すること。

【語源・由来】
事の善し悪しに関わらず、とにかく仲間の味方をして、対立する相手を攻撃すること。

【典拠・出典】
後漢書』「党錮伝・序」

【類義語】
・党同異伐(とうどういばつ)
・伐異党同(ばついとうどう)
朋党比周(ほうとうひしゅう)


党同伐異(とうどうばつい)の使い方

健太
ともこちゃんはあの時、なんで理由を聞かずに僕を助けてくれたの?
ともこ
健太くんは仲間だもの。仲間に味方して党同伐異するのは当たり前でしょう?
健太
ともこちゃん。ありがとう。
ともこ
助けることができてよかったわ。

党同伐異(とうどうばつい)の例文

  1. 党同伐異で私を助けてくれた健太くんに感謝しています。
  2. 国会議員は党同伐異、同じ党派のものに甘く他党に厳しい。
  3. 党同伐異なんてことをしているから、政治家は成長しないんだ。
  4. 事実関係を確認せずに党同伐異、仲間に味方するような態度をとらず、常に公正であるべきです。
  5. 政治家に横行する党同伐異は、派閥争いを激化し、憂慮すべき状況になっていくだけです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索