刀鋸鼎鑊【とうきょていかく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
刀鋸鼎鑊

【読み方】
とうきょていかく

日本漢字能力検定
1級

【意味】
昔の刑罰の道具。また刑罰。

【語源・由来】
蘇軾の「留候論」より。「刀鋸」は刀とのこぎり。「鼎鑊」は人を煮るかまのこと。いずれも転じて刑罰という意味がある。


刀鋸鼎鑊(とうきょていかく)の使い方

健太
古代の中国では、刀鋸鼎鑊という道具を使っていたようだよ。
ともこ
うわあ。刀にのこぎり、そして煮るためのかま・・・。
健太
かまで何を煮たんだろうね。
ともこ
・・・もしくは何を焼いたのかしらね。考えるだけでも怖いわ。この話題はやめておきましょう。

刀鋸鼎鑊(とうきょていかく)の例文

  1. 健太くんは、次のテストでまた0点をとったら刀鋸鼎鑊を受けることになっています。
  2. 飲酒運転による事故は殺人と同じ、もっと厳しい刀鋸鼎鑊を受けるべきだと思います。
  3. スキーのハイジャンプは、ある国の刀鋸鼎鑊だったものが起源だといわれていますが、これは俗説です。
  4. スピード違反の刀鋸鼎鑊は罰金かと思ったら、なんと一発免停でした。
  5. 拷問および残虐な刀鋸鼎鑊は法律で禁止されていますが、死刑については様々な意見があります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事