丁丁発止【ちょうちょうはっし】の意味と使い方の例文(類義語・語源・英語訳)

【四字熟語】
丁丁発止

補足 「丁丁」は「打打」、「止」は「矢」とも書きます。

【読み方】
ちょうちょうはっし

【意味】
激しく議論し合うさま。
剣や刀で音や火花を散らして激しく打ち合うような、激しく議論などを戦わせる様子。

【語源・由来】
「丁丁」は音の形容で、物を続けて打ち合わせる音の意味で、「発止」とは、堅い物同士が打ち当たる音の意味です。
どちらも刀・剣などが激しくぶつかり合う音の形容です。

【類義語】
打打発矢(ちょうちょうはっし)
丁丁発矢(ちょうちょうはっし)
打打発止(ちょうちょうはっし)

【英語訳】
cross swords
of clashing swords
as fiercely as clashing and blocking swords

【スポンサーリンク】

丁丁発止(ちょうちょうはっし)の使い方

ともこ
佐藤さんって気が強いよね。
健太
うん、今日も先生に対して、面と向かって意見をしていたもんね。
ともこ
先生も負けられないから、まさに丁丁発止の議論になっていたよね。
健太
火花が散ったような口論だったね。

丁丁発止(ちょうちょうはっし)の例文

  1. 丁丁発止の議論を戦わせた。
  2. この議論はどちらの意見も正しく思え、丁丁発止とやり合うこととなった。
  3. あの秀才と言われた彼と丁丁発止と渡り合う彼女もすごく頭の切れる女性だ。
  4. そのことで上司を相手に正々堂々と丁丁発止とやり合い、職場でも注目を浴びた。
  5. 疑惑の究明をめぐって、与野党間で丁丁発止の論争が繰り広げられました。

まとめ

丁丁発止の「丁丁」は「打打」と入れ替えて「打打発止」としても使われます。
なぜ、このように全く意味が違うような漢字が両方使われるのでしょうか。
理由は「ちょうちょう」という言葉は擬音で、「丁丁」「打打」は当て字であるからです。
同じように、「発止」は「発矢」としても使われますが、「はっし」も擬音であるためです。
どちらも刀・剣などが激しくぶつかり合う音の形容であるため、本来意味が全く違う漢字でも使われることがあるのですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事