有智高才【うちこうさい】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【四字熟語】
有智高才

【読み方】
うちこうさい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
生まれながら頭の働きがよく、学習によって得た才能も優秀なさま。またはその人。

【語源・由来】
もとは仏教語で、「智」は生まれた時からもっている聡明さ、「才」は学んで得たすぐれた才能のことで、聡明ですぐれた才能をもっていること。

【英語訳】
existence intellect brilliant talent

英語例文
生まれつき頭が良く、学習によって得た才能も優秀だ。The talent that heads got by learning well by nature is excellent.

有智高才(うちこうさい)の使い方

ともこ
健太くん、今日先生が話しをしてくれた、この学校の卒業生で先日ノーベル賞をいただいたSさんの話し聞いたことあったの?
健太
知らなかったけど、すごい人みたいだね
ともこ
有智高才の天才と言われていたみたいで、在学中から特別枠だったらしいよ。
健太
え〜そうなんだ。生まれつきの才媛だったんだね。天才といわれる人がこの学校からでたのね。僕も頑張ろう! 今からじゃ遅いか(笑)・・・!!

有智高才(うちこうさい)の例文

  1. 有智高才の人物であっても、必ず幸福になれるということはない。
  2. あの生徒は、本校始まって以来の有智高才の天才と言われている特別に優秀な生徒です。
  3. 有智高才として将来を嘱望された彼女だが、昨年からは思うように仕事に取り組めない悔しさを味わっているようだ。
  4. あの有名な選手も有智高才の天才と言われつづけたが、年齢とともに体力が落ちてきた。
  5. 会社にいる先輩が、有智高才で何を話しても即答し、先に進めてくれる。

まとめ

何年に一度か幼少のときから優れた人物が話題になるが、学力をアップしただけではなしえない考え方、ものの感じ方の才能のある人がいる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事