高山流水【こうざんりゅうすい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
高山流水

【読み方】
こうざんりゅうすい

日本漢字能力検定
5級

【意味】
素晴らしい演奏、音楽のたとえ。または、自分のことを本当にわかってもらえる親友のこと。または、けがれのない澄んだ自然のこと。

【語源・由来】
「列子」湯問より。中国の春秋時代の琴の名手の伯牙が、友人の鐘子期の前で、泰山を思い浮かべながら演奏すると鐘子期は「泰山のように素晴らしい」と言い、流れる川を思い浮かべながら演奏すると鐘子期は「流れる川のように素晴らしい」と言ったという故事から。

【類義語】
・流水高山(りゅうすいこうざん)


高山流水(こうざんりゅうすい)の使い方

健太
ともこちゃん、ピアノの演奏が上手だね。高山流水だ!
ともこ
そんなことないわよ。もっとうまい人がたくさんいるわ。
健太
そうだとしても僕の心を打ったんだからすごいよ。
ともこ
もっと練習してもっと健太くんに褒めてもらえるよう頑張るわ。

高山流水(こうざんりゅうすい)の例文

  1. ストラディバリウスは高山流水で約600挺が現存しています。
  2. 彼の演奏は高山流水で、演奏後拍手が鳴りやみませんでした。
  3. 健太くんにとってともこちゃんは高山流水、かけがえのない親友です。
  4. 知床は高山流水、人の手が入らない大自然が広がっています。
  5. 白神山地の高山流水を守るために観光客は気を付けなくてはいけません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事