和洋折衷【わようせっちゅう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
和洋折衷

【読み方】
わようせっちゅう

日本漢字能力検定
2級

【意味】
日本と西洋の儀式を取り合わせること。また、そのもの。

「折衷」は、いろいろな物は意見の両極端を捨てて、ほどよく調和させること。

和洋折衷(わようせっちゅう)の使い方

ともこ
あそこの家の奥さんは海外の人だから、あの家は和洋折衷なのよ。
健太
へえ。そうなんだ。和と洋の良いところを集結して建てられていて、とてもおしゃれだよね。
ともこ
建物探訪っていうテレビ番組にも出たらしいわよ。
健太
ああ。僕はその番組好きだよ。いいなあ。僕の家も素敵に改築して、撮影に来てもらいたいなあ。

和洋折衷(わようせっちゅう)の例文

  1. この店は和洋折衷の料理を出す店だから、箸とフォークどちらか選べるんだよ。
  2. 最近、フリルやレースが付いた和洋折衷の浴衣を着た人をよく見かけます。
  3. 店内は、和洋折衷なインテリアでエキゾチックな印象を与えていました。
  4. ゴッホは、よく浮世絵をモチーフにした絵を描いたそうですが、これもまた和洋折衷といえるのではないでしょうか。
  5. デパートでは和洋折衷のおせちが売られているが、これではおせちの意味が薄れてしまう気がします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事