冶金踊躍【やきんようやく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
冶金踊躍

【読み方】
やきんようやく

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
自分が置かれている立場に安んじることができないたとえ。

【語源・由来】
『荘子』「大宗師」より。るつぼの中ではねあがって、外へ出ようとすること。


冶金踊躍(やきんようやく)の使い方

ともこ
健太くんのお兄さんは会社に就職して三年目よね。順調なの?
健太
兄さんは冶金踊躍というように、もっと広い世界に飛び立ちたいって言って、転職活動をしているよ。
ともこ
ええっ。今の会社も十分素晴らしいのに?
健太
働いている人にしかわからない不満点があるんだろうね。

冶金踊躍(やきんようやく)の例文

  1. 冶金踊躍だった健太くんは、ステップアップするために海外に留学することにしました。
  2. 昔から冶金踊躍のようだった健太くんは、予想通り田舎暮らしに満足できず、都会に飛び出していきました。
  3. 海外にはばたく健太くんは、まさに冶金踊躍、彼の活躍を期待しています。
  4. 健太くんは、普段から冶金踊躍のように、自分にはふさわしい大きな舞台があるはずだと言っていました。
  5. 冶金踊躍というように、現状に満足していない若者が多いです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



四字熟語の逆引き検索