向天吐唾【こうてんとだ】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】
向天吐唾

【読み方】
こうてんとだ

【意味】
他人に害を加えようとして、逆に自分がその害を受けることになること。天に向かってつばを吐けば、そのつばは自分の顔に落ちてくるということ。「天に向かって唾を吐く」とも読む。

【典拠・出典】
『四十二章経』

【類義語】
自業自得(じごうじとく)
自縄自縛(じじょうじばく)


向天吐唾(こうてんとだ)の使い方

健太
許せない。あいつに仕返しをしてやる。
ともこ
健太くんの気持ちはわかるけれども、向天吐唾、恨みはさらなる恨みを呼ぶだけよ。
健太
じゃあ、この行き場のない怒りはどうすればいいんだ!
ともこ
彼よりも優秀な成績をとって見返してやりましょうよ!

向天吐唾(こうてんとだ)の例文

  1. ライバルを罠にはめることで出世している彼は、向天吐唾する結果になるかもしれない。
  2. 友達に意地悪をしたら、向天吐唾、いつか、自分が意地悪される側になるかもしれませんよ。
  3. 向天吐唾するなんて、悪事身にかえるという言葉を知らないのか。
  4. 人の悪口を言うと、向天吐唾することになり、自分の悪口を言われますよ。
  5. 人に悪意をぶつけると向天吐唾する結果となります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索