問柳尋花【もんりゅうじんか】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
問柳尋花

【読み方】
もんりゅうじんか

日本漢字能力検定
2級

【意味】
春に柳や花をめでること。春のきれいな景色をさぐり求めて散策すること。また、花街に遊ぶこと。

【語源・由来】
杜甫の詩の「柳を問い、花を尋ねて野亭に到る」による。


問柳尋花(もんりゅうじんか)の使い方

ともこ
健太くんの家の裏のこの階段は、いったいどこに通じているの?
健太
花街に通じているんだよ。代々、この辺りの若旦那たちがこっそり問柳尋花するために裏通りに階段があるんだよ。
ともこ
へえ。おもしろいわね。
健太
昔は、きっと家族の目を盗んで、若旦那たちが夜な夜なここを通って問柳尋花していたんだろうね。

問柳尋花(もんりゅうじんか)の例文

  1. 問柳尋花したいけれども、あそこは一見さんお断りなんだよな。
  2. 健太くんは問柳尋花して、その請求書を見て目の玉が飛び出ました。
  3. 男子に生まれたからには、一度は問柳尋花してみたいけれども、マナーやルールがたくさんあって敷居が高いんです。
  4. 今日は春の日差しが温かく心地よいから、外に出て問柳尋花しよう。
  5. のんびり歩いて問柳尋花していると、幸せだなと感じます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事