薬石無効【やくせきむこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
薬石無効

【読み方】
やくせきむこう

「薬石、効無し」とも読む。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
薬や医者の治療もききめがないこと。

【語源・由来】
唐の宣宗の文より。「薬石」は病気を治す薬と石で作った漢方の針のこと。


薬石無効(やくせきむこう)の使い方

ともこ
健太くんのおじいちゃんはずっと入院していたのよね。
健太
そうなんだ。だけど薬石無効で、いろんな治療法を試したんだけど、先日亡くなったんだよ。
ともこ
おじいちゃん、大変だったわね。
健太
そうだね。でも、お医者さんも看護師さんもとてもいい人たちで、入院生活を楽しんでいたことだけが幸いだよ。

薬石無効(やくせきむこう)の例文

  1. 健太はかねてより病気療養中の処、薬石無効、15歳で逝去しました。
  2. ご報告が遅れましたが、本人の健闘むなしく、薬石無効、先週亡くなったんです。
  3. 自分の体のことは自分が一番よくわかる、薬石無効だから、最後は自分の家で死にたいんだ。
  4. 私の病は、今のところ薬石無効で、病の進行速度を遅くすることしかできないそうです。
  5. 薬石無効だから、この痛みとは、私が死ぬまでの長い付き合いになるでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



四字熟語の逆引き検索