斬衰斉衰【ざんさいしさい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
斬衰斉衰

【読み方】
ざんさいしさい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
喪服の種類。

【語源・由来】
『儀礼』「喪服」より。「斬衰」は喪服で最も重い三年の喪の期間に着るもので、断ち切ったままで縁縫いをしていないもの。「斉衰」は斬衰についで重い喪服で一年の喪に用い、裁ちはなちではなく裳を縫い合わせたもの。


斬衰斉衰(ざんさいしさい)の使い方

健太
喪服って、今は黒で華美でないものなら、制服でもいいって感じだけど、昔は斬衰斉衰といって、喪によって変えていたんだね。
ともこ
喪服を見て誰が亡くなったか察することができるわね。
健太
近親者でもそうじゃなくても人がなくなると悲しいけどね。
ともこ
そうね。失う悲しみに重いも軽いもないわね。

斬衰斉衰(ざんさいしさい)の例文

  1. 中国で喪服は、斬衰斉衰のほかにも三種類あって、五服と呼ばれていました。
  2. 斬衰斉衰など、異なる喪服で悲しみの深さを表しました。
  3. ともこちゃんが、斬衰斉衰の「斬衰」を着ているから、きっとお父さんに何かがあったんだ。
  4. 健太くんは夏でも詰襟学生服を着ているけれども、斬衰斉衰の類なのかしら。
  5. 息子のように思っていた愛犬が亡くなったおばあちゃんは、血縁ではないけれども斬衰斉衰の喪服を着て喪に服しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事