甘棠之愛【かんとうのあい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
甘棠之愛

【読み方】
かんとうのあい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
人民の善政を行う人に対する思慕の情が深いこと。「甘棠」はからなし、こりんごの木。

【語源・由来】
「詩経」召南・甘棠より。人民が周の召公の善政に感じて、召公がその下で休んだ甘棠の木を大切にし、召公の善政を忘れなかった故事から。

【類義語】
・甘棠遺愛(かんとうのいあい)
・甘棠之恵(かんとうのめぐみ)


甘棠之愛(かんとうのあい)の使い方

ともこ
今、秘書への言葉の暴力で叩かれている政治家がいるわよね。
健太
いるねえ。「ハゲ」とか言った人でしょう?あの人は、有権者から甘棠之愛を受けることはないだろうね。
ともこ
そうでしょうね。また選挙に出馬するようだけどだめでしょうね。
健太
そうだね。

甘棠之愛(かんとうのあい)の例文

  1. 甘棠之愛、こんなにも愛された政治家は、日本には今のところ一人もいません。
  2. 彼はまだ若いけれども、誠実でまっすぐな姿勢なので、市民は、甘棠之愛というように彼を深く慕っています。
  3. 甘棠之愛、亡き市長はとても愛されていたので、彼への感謝を込めて、彼が好きだった桜を市役所に植えました。
  4. 先代は、甘棠之愛を受けるほどの偉大な人だったけれども、彼の息子はだめだね。
  5. 甘棠之愛、知事は亡くなった今もとても尊敬されていて、駅前に銅像が建ったほどです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事