慈悲忍辱【じひにんにく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
慈悲忍辱

【読み方】
じひにんにく

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
いつくしみの心が深く、どんな苦難も耐えしのぶこと。仏教語で、僧として必ず守るべき道をいう。

【語源・由来】
『太平記』「一二」より。「慈悲」は衆生(しゅじょう)をいつくしむ心。「忍辱」は苦難を耐えしのぶこと。


慈悲忍辱(じひにんにく)の使い方

ともこ
健太くん。さっきは偉かったわね。暴言を吐かれたのによく我慢したわね。
健太
慈悲忍辱というからね。僕は仏の道を進むために我慢したんだよ。
ともこ
偉いわね。きっと仏様は、健太くんの慈悲忍辱の姿勢を見ていてくれているわよ。
健太
仏様がわかってくれているなら僕は幸せさ。

慈悲忍辱(じひにんにく)の例文

  1. 慈悲忍辱を説く僧侶が、人を押しのけて優先座席に座ったのでびっくりしました。
  2. 人にやさしく、自分に厳しく、慈悲忍辱を心に修行を積んでいます。
  3. 仕返しなんて考えてはいけないと自分で自分の心を押さえ、慈悲忍辱の心で耐えました。
  4. ともこちゃんは、慈悲忍辱の精神で、大概のことは許してくれます。
  5. 普段、慈悲忍辱の精神を説いているけれども、彼女に浮気をされたときは、さすがに人間不信に陥りそうになりましたよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事