十年一剣【じゅうねんいっけん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
十年一剣

【読み方】
じゅうねんいっけん

日本漢字能力検定
4級

【意味】
長年武芸の修養をつんで、力を発揮する機会を待つこと。

【語源・由来】
賈島「剣客-詩」より。十年の間、一ふりの剣を磨き続けるという意味から。

「十年、一剣を磨く」の略。

十年一剣(じゅうねんいっけん)の使い方

ともこ
健太くん。今日は因縁の対決ね。完敗して悔しい思いをした彼との再戦ね。
健太
あの日彼に負けて以来、十年一剣、ひたすら努力し続けてきたんだ。今日こそ勝つぞ。
ともこ
負けたら、また十年一剣を磨かないといけないもんね。
健太
勝っても負けても十年一剣の精神で、これからもさらにがんばり続けるよ。

十年一剣(じゅうねんいっけん)の例文

  1. 将来来たるべきチャンスに備えて、十年一剣、厳しい修行に耐えてきました。
  2. 十年一剣、僕の今までの努力は、この日のためにあったんだ。
  3. 十年一剣の決意で、僕は武道に取り組み、向き合っていきます。
  4. 健太くんは、十年一剣の精神で、ともこちゃんを討つ機会を虎視眈々と狙っていました。
  5. 十年一剣の思いを胸に努力し続ければ、かなわない夢はないんだけど、たいていの人は途中でくじけてしまうんだよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事