日月星辰【じつげつせいしん】の意味と使い方や例文(出典)

【四字熟語】
日月星辰

【読み方】
じつげつせいしん

【意味】
太陽や月、星などの天体が交わるところ。天空。空。

【典拠・出典】
太平記


日月星辰(じつげつせいしん)の使い方

健太
洞窟に閉じ込められていて、日月星辰が見えないから何時くらいか分からないね。
ともこ
そうね。閉じ込められずに済んだメンバーが助けを求めにいってからどれくらいの時間が経ったのかしら。
健太
あっ。今、お腹がぐーってなったから12時かもしれない。
ともこ
健太くんの腹時計は正確だものね。あっ。人の声が聞こえてきたわよ。きっと救助の人達だわ!

日月星辰(じつげつせいしん)の例文

  1. 疲れた時は、日月星辰を見上げてごらん、あまりに悠大で悩みがちっぽけなものに思えてくるから。
  2. 日月星辰の運行から吉凶を占っていた時代がありました。
  3. ともこちゃんへの僕の想いは、日月星辰の運行のように変わらないものです。
  4. 季節を感じることが出来るのは、桜のような花だけじゃない、日月星辰でも知ることが可能です。
  5. 一日中部屋にこもって漫画を読んでいたから、日月星辰を見る機会がなかったので知らなかったけれども、彗星が近づいているらしいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索