春宵一刻【しゅんしょういっこく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
春宵一刻

【読み方】
しゅんしょういっこく

【意味】
春の夜のひとときは、なんともいえぬ趣(おもむき)があって、大きな価値があるということ。

【語源・由来】
「春宵(しゅんしょう)」とは、春の夜のこと。
「一刻(いっこく)」とは、わずかな時間ということ。

「蘇軾(そしょく)」詩・「春夜(しゅんや)」より出典。
「春宵一刻値千金、花に清香有り月に陰有り」

【類義語】
・一刻千金(いっこくせんきん)

【対義語】

【英語訳】
a moment of time in a spring evening(is worth a thousand pieces of gold)


春宵一刻(しゅんしょういっこく)の使い方

ともこ
春が来ると、暖かい風が吹いて花が咲き始めて、やさしい気持ちになるわ。
健太
そうだね。明日は公園に散歩に行こうか。
ともこ
それもいいけれど、春の夜のひとときもまた、趣があっていいわね。
健太
春宵一刻だね。

春宵一刻(しゅんしょういっこく)の例文

  1. ゆっくりお酒を嗜みながら過ごす春宵一刻は、私の心をとても癒してくれる。
  2. 公園でライトアップされている花を楽しみに来たのに、花も見ないで宴会で騒ぐ人たちがいる。これじゃあ、春宵一刻が台無しじゃないか。
  3. 秋の夜長もいいけれど、やはり春宵一刻には敵わないな。
  4. 新生活が始まることで、春は慌ただしいことが多いけれど、だからこそ春宵一刻をゆっくりと味わいたいものだ。
  5. 今年こそ恋人と、春宵一刻をゆったり過ごしたいと思っている。

まとめ

春宵一刻というように、春の夜には趣があって、ゆったりと過ごせる大切な時間なのではないでしょうか。
季節の移り変わりを楽しむことは、お金では買うことのできない価値があるのかもしれません。
落ち着いた時間を過ごすことで、日々の疲れを癒して、心身ともにリフレッシュしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事