実事求是【じつじきゅうぜ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】
実事求是

【読み方】
じつじきゅうぜ

【意味】
事実の実証にもとづいて物事の真理を追求すること。

【語源・由来】
「実事」はほんとうのこと・事実、「求是」はまこと・真実を求めるという意味。

【典拠・出典】
漢書』「河聞献王徳伝」


実事求是(じつじきゅうぜ)の使い方

健太
先生の勘違いから、生徒が自殺をしてしまったんだって。
ともこ
悲しい事件ね。
健太
学校の先生には、実事求是の姿勢をもって、思いこみや先入観を捨てて生徒と向き合ってもらいたいよね。
ともこ
そのためには少人数学級にしないと先生が倒れてしまうわよね。文部科学省に頑張っていただきたいわ。

実事求是(じつじきゅうぜ)の例文

  1. 探偵は、実事求是の姿勢で、たった一つの真実を見つけ出さなくてはなりません。
  2. 身内をかばうことなく実事求是の姿勢で、「モリカケ問題」を解決していただきたい。
  3. 実事求是の姿勢で初動捜査に臨まないと、事件は迷宮入りすることになります。
  4. 裁判官は、実事求是の姿勢で臨まなければいけないのに、あの人は、感情的な判決を出す。
  5. いつまでも過去の遺恨をひきずり、実事求是しないと、争いの火種はなくなりません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索