上求菩提【じょうぐぼだい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
上求菩提

【読み方】
じょうぐぼだい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
菩薩が上に向かって悟りの道を求めること。菩薩が行う自利の行。

【語源・由来】
『摩訶止観』<一・上>より。「上求」は上に求めること。「菩提」は煩悩を断ち切って正しい知恵を得、悟りを開くこと。仏教ではこの二つが菩薩の道とされている。


上求菩提(じょうぐぼだい)の使い方

ともこ
健太くん。最近空手の練習をさぼりすぎじゃないの?
健太
県大会で優勝したし、もう十分かなと思って。
ともこ
上求菩提というように、菩薩様ですら上を目指そうと努力なさっているのに、健太くんは県大会で満足して、全国大会での優勝を目指さないの?
健太
そうだね。上を目指して努力を続けるべきだよね。

上求菩提(じょうぐぼだい)の例文

  1. 上求菩提というように、現状維持ではなく、さらに上を目指し修行を続けなくてはいけません。
  2. 菩薩様が、上求菩提を志したように、私もさらなる高みへと行けるようがんばります。
  3. 上求菩提下化衆生、自分は常に上を目指しつつ、部下にも上を目指すよう丁寧に指導するようにしています。
  4. 仏陀が上求菩提、悟りの境地を求めたように、私も空手の極意を知るために、日々練習を積んでいます。
  5. 上求菩提、人間も学ぶことをやめたらそこで終わりなんだよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事