四海天下【しかいてんか】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
四海天下

【読み方】
しかいてんか

【意味】
全世界。世間の全て。

「四海」「天下」ともに、世界・世間の全てをいう。

【類義語】
・一天四海(いってんしかい)


四海天下(しかいてんか)の使い方

健太
アレキサンダー大王が長生きしていたら、四海天下は彼のものになったかな?
ともこ
そうなったかもしれないわね。
健太
四海天下統一をなしとげてくれていたら、今、英語の授業で苦しまなくてもよかったのに。
ともこ
世界の言葉が一つだと楽よねえ。

四海天下(しかいてんか)の例文

  1. 仏様の慈愛は、四海天下に満ち溢れています。
  2. 織田信長は、四海天下を手中に収める前に、本能寺の変で亡くなったとされる。
  3. ともこちゃんが探しているものは、四海天下のどこにも存在しなかった。
  4. 健太くんほどかっこいい生徒は、四海天下見渡せどいないんじゃないかな。
  5. ともこちゃんの歌が、四海天下で一番再生された曲としてギネス認定された。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事