哀糸豪竹【あいしごうちく】の意味と使い方の例文(語源由来)

スポンサーリンク

【四字熟語】
哀糸豪竹

【読み方】
あいしごうちく

日本漢字能力検定
3級

【意味】
悲しい音をだす琴と力強く明るい音をだす笛の見事な管弦は人を感動させること。

【語源・由来】
杜甫の「酔うて馬より墜つるを為す、諸公酒を携えて相看る」より。

【スポンサーリンク】

哀糸豪竹(あいしごうちく)の使い方

健太
今日の「夕べの管弦楽の会」は哀糸豪竹だったね。
ともこ
そうね。あんなに悲しげで美しいハーモニーを私と同じ人間が生み出しているなんて、びっくりだわ。
健太
みんな努力をしているんだろうね。音楽ってすごいね。
ともこ
音楽のない人生は考えられないわね。

哀糸豪竹(あいしごうちく)の例文

  1. ゲスト演奏者による尺八とピアノで演奏された「荒城の月」は、和洋折衷、哀糸豪竹でした。
  2. そのクラスは普段から仲が良いだけあって、奏でる音は素晴らしいハーモニーで、哀糸豪竹でした。
  3. コンクール入賞者を集めたコンサートは、圧巻の演奏で哀糸豪竹でした。
  4. 学校の音楽界の序盤を飾った小学校一年生の演奏は、毎日がんばって練習したのであろう、哀糸豪竹でした。
  5. 彼らの演奏は哀糸豪竹で、とても人気があるので、なかなかチケットを取ることが出来ません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事