跿跔科頭【とくかとう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】
跿跔科頭

【読み方】
とくかとう

【意味】
勇猛な兵士のこと。

【語源・由来】
「跿跔」は足に何もはかないこと、素足。「科頭」はかぶとや頭巾などをつけない頭という意味。

【典拠・出典】
史記』「張儀伝」


跿跔科頭(とくかとう)の使い方

健太
なんだか跿跔科頭といった兵隊が集まっているようだね。
ともこ
国中に不穏な空気が流れているわよね。
健太
この国の未来は大丈夫なのかな。
ともこ
跿跔科頭の兵士たちが活躍するような、戦争がはじまるなんてことにならないといいわよね。

跿跔科頭(とくかとう)の例文

  1. 王様の軍隊は跿跔科頭ばかりで構成されている最強の軍隊です。
  2. 健太くんは跿跔科頭だから、この国のために、いま失うわけにはいかない。
  3. 跿跔科頭を選りすぐって、戦いに挑みました。
  4. あの人たちは跿跔科頭、兵士としてエリート中のエリートです。
  5. 跿跔科頭たちが果敢に攻め、圧倒的に数で有利だった敵を退けました。

まとめ

アメリカン・エキスプレス・カードの表紙に描かれているケントゥリオは百人隊の指揮官で、跿跔科頭、ローマ軍団の背骨と市民から敬意をもって称されるほどでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索