暗闘反目【あんとうはんもく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
暗闘反目

【読み方】
あんとうはんもく

【意味】
敵意を表面に現わさないで争うこと。ひそかにかげでにらみあうこと。

「暗闘」はひそかにかげで争うこと。裏面での争い。
「反目」はにらみ合うこと。仲のわるいこと。

【由来】

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
hostility
be at odds

hostility は反目、be at odds は反目するという意味。
英語例文
我々は君に敵意を持っていない。We have to no hostility toward you.
両家は長い間反目し合っていた。The two families have been at odds with each other for a long time.

暗闘反目(あんとうはんもく)の使い方

ともこ
生徒会長選挙まであと少しにせまったわね。
健太
相手は強敵だけどがんばるよ。
ともこ
テストの成績でも暗闘反目し合っているものね。
健太
ぜひ、ともこちゃんも応援してよね。

暗闘反目(あんとうはんもく)の例文

  1. 資産家の父親が病床に着いてからというもの、兄弟たちはその遺産をめぐって暗闘反目していた。
  2. 社宅での生活は一見和気あいあいと仲が良さそうだったが、実際は暗闘反目し合う殺伐としたものであったことに、彼女は初めて気が付いた。
  3. この国の二大政党は政策を競うのではなく、ただ主導権をめぐって暗闘反目するだけの存在だった。
  4. 彼らは解釈の違いから長い間暗闘反目していたが、とうとう二派に分裂するに至った。
  5. 東の国と西の国は暗闘反目し合ったまま、何の解決策も見出すことができず、長い年月を過ごしていた。

まとめ

ライバルという言葉があります。暗闘反目とはある意味そういう関係なのだろうと思います。
スポーツ界であればそれはお互いを高め合うすばらしい関係ですが、残念ながらこの言葉はいい意味で使われることは少ないようです。
シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」でも、モンタギュー家とキャピュレット家は最後に和解することになりますが、そうなるまでに若い二人の命が失われてしまいます。
争っていても手遅れになってしまわないよう、寛容な心を持つことが大事なのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事