浅瀬仇波【あさせあだなみ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
浅瀬仇波

【読み方】
あさせあだなみ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
思慮が浅い人は、気にする必要がないどんな小さな出来事でも大騒ぎすることのたとえ。深い淵より浅瀬のほうが激しく波が起こることから。

【語源・由来】
「古今集」・恋四の「底ひなき淵やは騒ぐ山川の浅き瀬にこそあだ波は立て」から。


浅瀬仇波(あさせあだなみ)の使い方

健太
この前ノーベル賞をとった科学者は、ともこちゃんのおじさんなんだってね?
ともこ
そうなのよ。
健太
何で言ってくれないの?すごいことじゃないか。
ともこ
浅瀬仇波、私自身がノーベル賞をとったわけじゃないんだから、騒ぐほどの事でもないでしょう?

浅瀬仇波(あさせあだなみ)の例文

  1. テストで90点だったと自慢している男子生徒がいるけれども、浅瀬仇波、私は100点以外とったことがないが言わない。
  2. 浅瀬仇波、親方くらいになると、必要なこと以外口にはしない。
  3. 浅瀬仇波、浅はかな人ほど小さいことに目くじらを立てて騒ぐ。
  4. 浅瀬仇波、騒いでいても事態は変わらないどころか悪化するから、とりあえず落ち着いて対処するべし。
  5. 浅瀬仇波、無能な人ほど、いざという時に何もできないくせによく騒ぐ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事