卿相雲客【けいしょううんかく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
卿相雲客

【読み方】
けいしょううんかく

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
公卿と殿上人のこと。または、高い身分の人のこと。

【語源・由来】
「卿相」は三位以上の公卿。「雲客」は宮中での昇殿を許された雲上人、殿上人。

【類義語】
・月卿雲客(げっけいうんかく)


卿相雲客(けいしょううんかく)の使い方

健太
ともこちゃんの友達の彼は、何だか気品があるよね。
ともこ
あら。わかる?そうなのよ。卿相雲客の子孫らしいわよ。
健太
なるほど。あの、内面からにじみ出てくる育ちの良さの理由はそれかあ。
ともこ
出自の良さはどうしたって隠せないわよね。

卿相雲客(けいしょううんかく)の例文

  1. 京都出身で、卿相雲客の末裔の彼は、あだ名が「麿」です。
  2. あの雲に届きそうな高さの高層マンションに住む人は、卿相雲客ばかりだそうです。
  3. 彼が卿相雲客の人とは知らずに、健太くんがぞんざいな言葉づかいで話しかけているので、私は、内心ひやひやしています。
  4. 宝くじが当たった庶民代表の健太くんは、今では卿相雲客の生活をしています。
  5. 未曽有の災害が起きた時、卿相雲客は、真っ先に安全なところに逃げて、残されたのは庶民だけでした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事