凡俗非議【ぼんぞくひぎ】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
凡俗非議

【読み方】
ぼんぞくひぎ

【意味】
世間の人々が、話題にし非難するような事柄。

「凡俗」は、俗世間の平凡な人。普通の人。「非議」は、そしり論ずること。批判すること。そしって、とやかく言うこと。

凡俗非議(ぼんぞくひぎ)の使い方

健太
朝から、民法のニュース番組は、凡俗非議で盛り上がっていたよ。
ともこ
また芸能人の不倫報道?
健太
そうなんだよ。
ともこ
芸能人の不倫報道より、議員の汚職問題で盛り上がってほしいわよね。

凡俗非議(ぼんぞくひぎ)の例文

  1. 今話題の凡俗非議は、感染症が蔓延している中、沖縄に複数人で旅行に行った俳優のことです。
  2. ともこちゃんは、凡俗非議ばかりのワイドショーなんてみません。
  3. 凡俗非議好きの健太くんをともこちゃんは冷ややかな目で見ています。
  4. 今日一番の凡俗非議は、人気アイドルのひき逃げ事件だね。
  5. 日本のマスコミは、凡俗非議に力を入れているからマスゴミと言われる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事