保養鬱散【ほよううっさん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
保養鬱散

【読み方】
ほよううっさん

【意味】
養生して、気晴らしをする事。休養をとり、気を晴らすこと。

「保養」は、健康を保ち養うこと。身体を休めて、丈夫にすること。養生。「鬱散」は、気を晴らすこと。「鬱」は、気がふさぐ。

【類義語】
・医鬱排悶(いうつはいもん)


保養鬱散(ほよううっさん)の使い方

健太
ともこちゃん。疲れた顔をしているね。
ともこ
生徒会の仕事が忙しすぎて、疲れたー。
健太
保養鬱散した方がいいんじゃないかな。
ともこ
保養鬱散しにいくために、健太くんが代わりに生徒会長をやってよー。

保養鬱散(ほよううっさん)の例文

  1. 健太くんは、お父さんの保養鬱散を兼ねて、家族でハワイに行くことにしました。
  2. 保養鬱散した後の健太くんは、すっきりした顔をしていました。
  3. 生産性を上げるために、わが社では保養鬱散を推奨しています。
  4. 熱海の温泉宿は、今日も保養鬱散する人でいっぱいです。
  5. 忙しすぎて、保養鬱散しないとやってられない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事