雲煙模糊【うんえんもこ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

スポンサーリンク

【四字熟語】
雲煙模糊

【読み方】
うんえんもこ

【意味】
雲や霞、靄などが立ち込めて、ぼんやりとはっきりしない様子

【由来】
「雲煙」雲や煙、霞
「模糊」はっきりしないさま。ぼんやりとしたさま。

【類義語】
曖昧模糊(あいまいもこ)
有耶無耶(うやむや)

【対義語】
明明白白(めいめいはくはく)

【英語訳】
vague
dim
hazy
misty
foggy

例文
His mind was foggy with sleeping tablets.
彼は睡眠薬で頭が雲煙模糊としていた。
【スポンサーリンク】

雲煙模糊(うんえんもこ)の使い方

ともこ
霧が濃くなってきたね。気をつけて運転してよ。
健太
わかってるさ。フォグライトを点けてるけど、それでもよく見えない。君も前方を注意していてくれよ。
ともこ
オッケー。こんな雲煙模糊とした状態でしかも山道なんて、神経すり減るよね。
健太
まったくだ。とにかく開けたところに出るまでは、お喋りをやめて集中しよう。

雲煙模糊(うんえんもこ)の例文

  1. 風もなくなり船は静かな海をたゆたっていた。辺りには霧が立ち込め雲煙模糊とした世界が広がる。船乗りたちは目をこらし耳を済まして周囲の様子を探り、危険を避けようと躍起になっていた。
  2. 私のメガネをどこかで見なかったかい?さっき何かをしようとして外したんだが、どこで外したか忘れてしまった。なにせドがつく近眼だから、メガネなしでは全てが雲煙模糊としてしまうんだ。
  3. 今朝は霧が濃いね。これならきっと、日が高くなれば気温も上がり晴れてくるんだろうけど、今は道路の向こうの家さえ雲煙模糊としているよ。
  4. どうやら課長は昨日飲みすぎたらしいですよ。気分は悪くないようですけど頭がぼーっとして、もう何やら雲煙模糊としているのですって。あれじゃあ少なくとも午前中は使い物になりませんね。あまり面倒なことは持ち込まない方がいいですよ、きっと。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事