一汁一菜【いちじゅういっさい】の意味と使い方や例文(類義語)

【四字熟語】
一汁一菜

【読み方】
いちじゅういっさい

【意味】
汁一品、おかず一品だけの食事。粗末で質素な食事。

【典拠・出典】

【類義語】
粗衣粗食(そいそしょく)
・節衣縮食(せついしゅくしょく)
箪食瓢飲(たんしひょういん)
朝齏暮塩(ちょうせいぼえん)


一汁一菜(いちじゅういっさい)の使い方

健太
最近。母さんが疲れ切っていて、一汁一菜しかでないんだよね。
ともこ
一汁一菜でも作ってくれるのはありがたいことよ。
健太
でも、僕は食べ盛りの成長期なんだよ。もっと食べたいよー。
ともこ
じゃあ、健太くんが作ればいいのよ。

一汁一菜(いちじゅういっさい)の例文

  1. ともこちゃんは、一汁一菜の粗食を毎日食べている。
  2. 一汁一菜でも、具だくさんの汁ものがあれば栄養は十分摂取できる。
  3. 食事を一汁一菜にしてから、食品ロスが減った。
  4. かつて、一汁一菜と言えば清貧のイメージだったが、今は、最先端の食事方法だ。
  5. 倹約令が出され、食事は一汁一菜であることが決められた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索