三令五申【さんれいごしん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
三令五申

【読み方】
さんれいごしん

【意味】
何度もくり返し命じること。
また、何度も言い聞かすこと。

【語源・由来】
三度命じて、五度重ねて言い聞かすことから。
「申」とは、くり返すこと。また、説明して趣旨が徹底するようにすること。

「史記(しき)」孫武伝(そんぶでん)より出典。

【類義語】
・耳堤面訓(じていめんくん)
・耳堤面命(じていめんめい)
・堤耳面命(ていじめんめい)

【対義語】

【英語訳】

【スポンサーリンク】

三令五申(さんれいごしん)の使い方

健太
ぼくたちのサッカークラブに、新しいメンバーが入ったんだよ。
ともこ
それはよかったわね。健太くんが先輩になったのね。
健太
まずは、サッカーのルールや、毎日の練習について何度も説明しているけれど、ちっとも覚えてくれないんだよ。
ともこ
新しく入った人たちには、三令五申する必要があると思うわ。健太くんにもそうやって、先輩たちが教えてくれていたと思うわ。

三令五申(さんれいごしん)の例文

  1. 新入社員には三令五申をする必要がある。一度では覚えられないのは、仕方ないことだ。
  2. 新しく入った人たちには、まず規則を覚えてもらうために、三令五申をする必要があります。しっかりと規則を理解してもらうためにも、大切なことです。
  3. 新しく決まった規則を、三令五申しましょう。全ての人に理解してもらうためには、何度でも説明することが大切です。
  4. 私が新入社員の頃は、一度聞いた説明は二度と教えてもらえなかった。しかし、一度で覚えるのは難しいことなので、三令五申を心がけている。

まとめ

三令五申というように、何度もくり返し命じたり、何度も言い聞かせたりすることは、とても大切なことではないでしょうか。
何度も教えるということは、簡単なことではないですね。
しかし、根気よく取り組むことで、理解を深めてもらうことができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事