暴虎馮河【ぼうこひょうが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
暴虎馮河

【読み方】
ぼうこひょうが

【意味】
一時の熱意にまかせて、後先考えずに無謀な行いをすること。「暴虎」は虎を素手で殴ること。「馮河」は大河を歩いて渡るという意味。どちらも無謀な行動のたとえ。孔子が弟子の子路を戒めた言葉。

【語源・由来】
「論語」述而より。

【類義語】
・血気之勇(けっきのゆう)
・小人之勇(しょうじんのゆう)
・匹夫之勇(ひっぷのゆう)


暴虎馮河(ぼうこひょうが)の使い方

ともこ
校長先生に女子生徒もズボンをはいてもいいように直談判しに行くわ!
健太
いくらともこちゃんでも直談判は、暴虎馮河だよ。
ともこ
じゃあ、どうすればいいのよ。校長先生の弱みでもにぎるの?
健太
まあ、それもいいけど、先生方に根回ししたほうがいいと思うんだ。

暴虎馮河(ぼうこひょうが)の例文

  1. 勘だけを頼りに株価でもうけようだなんて暴虎馮河で、大損をしますよ。
  2. 小学生じゃないんだから、暴虎馮河は慎みましょう。
  3. 急いでいたから三階から飛び降りるなんて、暴虎馮河ですよ。
  4. たまには、暴虎馮河をやらかす社員がいても起爆剤になっていいかもしれない。
  5. こんな吹雪の中で行軍するなんて暴虎馮河だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事