無事安穏【ぶじあんのん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
無事安穏

【読み方】
ぶじあんのん

「ぶじあんおん」とも読む。

【意味】
これといった事件もなく、世の中や暮らしが穏やかで安らかなさま。

「安穏」は、異変がなく穏やかなこと。「無事」は、心配事がないこと。

【類義語】
・無事息災(ぶじそくさい)
・平安無事(へいあんぶじ)
・平穏無事(へいおんぶじ)


無事安穏(ぶじあんのん)の使い方

健太
死ぬまで無事安穏に暮らしたいな。
ともこ
災害大国日本じゃ無理よね。
健太
違う国に移住しようかな。
ともこ
健太くんは日本語しか話せないじゃないの。

無事安穏(ぶじあんのん)の例文

  1. 無事安穏な毎日に終止符が打たれた。
  2. 台風は日本から遠ざかり、不安から解放され、無事安穏な暮らしに戻りました。
  3. 健太くんは、自分に危険が迫っていると露知らず、無事安穏な毎日を過ごしています。
  4. ともこちゃんは、健太くんの無事安穏を祈ってお守りを渡しました。
  5. 無事安穏に過ごすはずだったのに、振り込め詐欺に遭って、老後の生活資金が無くなってしまった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事