不朽不滅【ふきゅうふめつ】の意味と使い方の例文

スポンサーリンク

【四字熟語】
不朽不滅

【読み方】
ふきゅうふめつ

【意味】
滅びることなくいつまでも続くこと。永遠に滅びないこと。朽ちて滅びるという意味の「朽滅」に、否定の意味の「不」をそれぞれに添えた言葉。

【スポンサーリンク】

不朽不滅(ふきゅうふめつ)の使い方

健太
モーツァルトが作った曲は、すべて不朽不滅だね。
ともこ
そうね。この後も、人類が滅びるまで残って、いろんな人に演奏され続けていくんでしょうね。
健太
人類が滅びても、動物たちがオルゴールで聴いている姿がイメージできそうな位に不朽不滅だよ。
ともこ
モーツァルトは、同じ人間だとは思えないほどの天才よね。

不朽不滅(ふきゅうふめつ)の例文

  1. 僕がともこちゃんに恋するまでは、ともこちゃんと僕の友情は不朽不滅だと思っていました。
  2. この本は、推理小説の巨匠の遺作となりました不朽不滅の名作です。
  3. このゲームは、ゲーム史で語り継がれる不朽不滅の偉大なる名作なんです。
  4. アーサー王の伝説には、作り話だと断言できない不朽不滅の魅力があります。
  5. 素晴らしい名画たちを、後世まで不朽不滅に残し、多くの人が鑑賞することが出来るように絵画修復士という仕事を選びました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事