風声鶴唳【ふうせいかくれい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
風声鶴唳

【読み方】
ふうせいかくれい

【意味】
風の音や鶴の鳴き声のような、少しのことでも驚いて、恐れて怯えることのたとえ。「風声」は風の音。「鶴唳」は鶴の鳴き声。
前秦の符堅の軍が東晋の軍に敗れて、敗走する時に兵たちは、風の音や鶴の鳴き声のようなわずかな音でも敵の追撃かと恐れて、壊滅したという故事から。

【語源・由来】
「晋書」謝玄伝より。

【類義語】
・影駭響震(えいがいきょうしん)
・疑心暗鬼(ぎしんあんき)
・草木皆兵(そうもくかいへい)
・杯弓蛇影(はいきゅうだえい)
・杯中蛇影(はいちゅうのだえい)


風声鶴唳(ふうせいかくれい)の使い方

ともこ
おーい。健太くーん。どこにいるの?みんな心配しているわよ。
健太
ともこちゃーん。ここだよ。
ともこ
こんなところに隠れていたの?何でかくれんぼの途中で出てこなかったのよ。
健太
隠れている途中に眠ってしまって、気が付いたら真っ暗だし、風声鶴唳の思いをしたよ。

風声鶴唳(ふうせいかくれい)の例文

  1. 風声鶴唳におびえていたら、キャンプなんかできないよ。
  2. 健太くんは、空手の優勝者なのに、風声鶴唳で逃げるような小心者です。
  3. 風声鶴唳に驚いて泥棒は逃げたようです。
  4. 風声鶴唳に驚くような人とはお化け屋敷に入れないな。
  5. 風声鶴唳にびっくりした健太くんは、ともこちゃんを置いて全速力で逃げました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事