風声鶴唳【ふうせいかくれい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
風声鶴唳

【読み方】
ふうせいかくれい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
怖じ気づいていて、ささいなことにも恐れおののくことのたとえ。

【語源・由来】
「晋書」謝玄伝より。風声」は風の音。「鶴唳」は鶴の鳴く声。わずかな物音にもおびえるたとえ。
「鶴唳風声」ともいう。

【類義語】
・影駭響震(えいがいきょうしん)
・疑心暗鬼(ぎしんあんき)
・草木皆兵(そうもくかいへい)
・杯弓蛇影(はいきゅうだえい)
・杯中蛇影(はいちゅうのだえい)


風声鶴唳(ふうせいかくれい)の使い方

ともこ
おーい。健太くーん。どこにいるの?みんな心配しているわよ。
健太
ともこちゃーん。ここだよ。
ともこ
こんなところに隠れていたの?何でかくれんぼの途中で出てこなかったのよ。
健太
隠れている途中に眠ってしまって、気が付いたら真っ暗だし、風声鶴唳の思いをしたよ。

風声鶴唳(ふうせいかくれい)の例文

  1. 風声鶴唳におびえていたら、キャンプなんかできないよ。
  2. 健太くんは、空手の優勝者なのに、風声鶴唳で逃げるような小心者です。
  3. 風声鶴唳に驚いて泥棒は逃げたようです。
  4. 風声鶴唳に驚くような人とはお化け屋敷に入れないな。
  5. 風声鶴唳にびっくりした健太くんは、ともこちゃんを置いて全速力で逃げました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事