不屈不撓【ふくつふとう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・対義語)

【四字熟語】
不屈不撓

「不撓不屈」ともいう。
「不撓」を「ふぎょう」と読み誤らない。

【読み方】
ふくつふとう

【意味】
決してくじけないこと。

【語源・由来】
「不屈」「不撓」ともに、くじけないこと。「撓」は、くじける。

【典拠・出典】
漢書』「叙伝」

【類義語】
独立不撓(どくりつふとう)
百折不撓(ひゃくせつふとう)
七転八起(しちてんはっき)
不撓不屈(ふとうふくつ)

【対義語】
戦意喪失(せんいそうし)


不屈不撓(ふくつふとう)の使い方

健太
ともこちゃん。負けそうだ。きっと負ける。
ともこ
不屈不撓の精神でがんばるのよ。
健太
不屈不撓の精神でがんばった先には何があるかな。
ともこ
勝利よ。

不屈不撓(ふくつふとう)の例文

  1. 不屈不撓の努力がこの金メダルにつながった。
  2. 健太くんには、だれにも負けない不屈不撓の精神がある。
  3. 健太くんのもつ不屈不撓の精神は、生きる上での宝物だと思います。
  4. ともこちゃんは、不屈不撓の意志力で、F判定だった志望校に合格しました。
  5. 不屈不撓で、激しい情熱を持っていた健太くんは、絵の道をあきらめなかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索