文章絶唱【ぶんしょうのぜっしょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
文章絶唱

【読み方】
ぶんしょうのぜっしょう

日本漢字能力検定
5級

【意味】
きわめてすぐれた文章のこと。

【語源・由来】
『鶴林玉露』「伯夷伝赤壁賦」「絶唱」はこれ以上ないほどにすぐれた文章や詩歌のこと。


文章絶唱(ぶんしょうのぜっしょう)の使い方

健太
今回の芥川賞受賞作は文章絶唱だったよね。
ともこ
そうね。とてもきれいな日本語で書かれていて、文章絶唱だったわ。
健太
選考委員の意見が全員一致して受賞が決まったらしいね。
ともこ
あんな文章絶唱な文章にかなう作品はそうそうないわよね。

文章絶唱(ぶんしょうのぜっしょう)の例文

  1. ともこちゃんの作文は文章絶唱で、絶対に学校の代表として市のコンクールに選出されることでしょう。
  2. 健太くんは勉強は嫌いだけれども、作文は文章絶唱で先生も舌を巻きます。
  3. ともこちゃんが作る即興の詩は文章絶唱で、その詩を読んで涙する人も少なくありません。
  4. 文章絶唱な文を書くには、たくさんの本を読み、できあがった文章を何回も何回も推敲することが大切です。
  5. 文豪と呼ばれる人たちの作品は文章絶唱で、これから何百年先も残っていくことになるでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事