北窓三友【ほくそうのさんゆう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
北窓三友

【読み方】
ほくそうのさんゆう

日本漢字能力検定
5級

【意味】
琴と詩と酒のこと。

【語源・由来】
白居易「北窓三友-詩」より。


北窓三友(ほくそうのさんゆう)の使い方

健太
ともこちゃんは、何か習い事をやっているの?
ともこ
ええ。琴と詩吟を習っているわよ。
健太
へえ。北窓三友っていうもんね。文人に必要なたしなみだよね。もしかして、もうお酒も飲んでいるの。
ともこ
お酒は法律を守って、20歳になってから飲むことにしているのよ。その時、きっと私は、未来に名を残す偉大な詩人になっているわよ。

北窓三友(ほくそうのさんゆう)の例文

  1. 高名な詩人の孫であるともこちゃんは、早くから北窓三友に親しんでいます。
  2. 北窓三友をたしなんでいない詩人なんて、本物の詩人とは言えません。
  3. 私には北窓三友の楽しみがあるから、退職してからも仲間に囲まれて趣味の世界を楽しみ、決して退屈ではありません。
  4. 北窓三友の楽しみを知らないなんて、健太くんは、人生を相当損しています。
  5. 北窓三友をたしなんで初めて、身の回りの物事の奥深さが感じられて、いい詩を書くことができるようになるのです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事