悪因悪果【あくいんあっか】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
悪因悪果

【読み方】
あくいんあっか

【意味】
悪い行為には、必ず悪い結果や報いがあること。

【由来】
「悪因」は悪い結果をまねく原因。「悪果」は悪い報いや結果。人の行いの善悪に応じて、その報いが現れる(因果応報いんがおうほう)の悪いほうで、もと仏教の語。

【類義語】
・天罰覿面(てんばつてきめん)
・自業自得(じごうじとく)
・善因善果(ぜんいんぜんか)
・因果覿面(いんがてきめん)
・因果応報(いんがおうほう)

【対義語】
・善因善果(ぜんいんぜんか)

【英語訳】
sowing and reaping evil

sowingは「(種の)まきつけ」という意味の名詞。reapingは「刈り取る」という意味の名詞。evilは「害」や「厄災」という意味の名詞。
英文例
それは悪因悪果の結果だった。The result was sowing and reaping evil.
【スポンサーリンク】

悪因悪果(あくいんあっか)の使い方

ともこ
職員室に呼ばれるなんて、どうしたの?
健太
今日の宿題、友達のを丸写ししたのが先生にバレてさぁ
ともこ
まさに悪因悪果ね、仕方がないわ
健太
ともこちゃん、冷たいなぁ

悪因悪果(あくいんあっか)の例文

  1. 彼が事業に失敗したのは、悪因悪果の末路と言えるだろう。
  2. 悪因悪果にならぬよう、日頃から生活態度をきちんとしていきたい。
  3. 彼女は必ずいつか報いを受ける。悪因悪果だ。
  4. 彼の性格からすると、悪因悪果も仕方がない。
  5. 私の父は悪因悪果で身を滅ぼした。

まとめ

悪因悪果(あくいんあっか)は、「悪因」=悪い結果を招く原因、「悪果」は悪い報いや結果を意味するふたつの言葉から成り立ち、「悪いことをすれば、悪い結果が返ってくる」という意味の四字熟語です。ちょっとむずかしい言葉ですので、普段、よく使うのは類義語の自業自得(じごうじとく)の方かもしれません。幼いころ、悪いことをすると必ず悪い結果になると教えられたものです。悪因悪果(あくいんあっか)は、正しくまっすぐ生きるための指標でしょう。悪いことをすれば必ず報いがあるというのは、道徳の基本だと思います。日頃からなるべく悪いことをせず、人に喜ばれるような良いことをするように心がけていきたいものです。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事