CATEGORY 「悔しい」の四字熟語一覧

「む」で始まる四字熟語

無念千万【むねんせんばん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無念千万 【読み方】 むねんせんばん 【意味】 口惜しさが尋常ではないこと。非常に残念なこと。 【語源・由来】 「無念」は、くやしいこと。残念。「千万」は、程度がはなはだしいこと。 【典拠・出典】 - 【類…

「ほ」で始まる四字熟語

法界悋気【ほうかいりんき】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 法界悋気 【読み方】 ほうかいりんき 【意味】 自分とは無関係な人に嫉妬したり、ねたんだりすること。また、他人の恋愛をねたむこと。 【語源・由来】 「法界」は自分とは何の関係もない他人の意。「悋気」は嫉妬心…

「へ」で始まる四字熟語

偏袒扼腕【へんたんやくわん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 偏袒扼腕 【読み方】 へんたんやくわん 【意味】 激しく怒ったり悔しがったりするさま。また、感情を激しく高ぶらせるようす。 【語源・由来】 「偏袒」は片肌を脱いで息まくこと。「扼腕」は片手でもう一方の腕を強…

「ふ」で始まる四字熟語

刎頸之交【ふんけいのまじわり】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 刎頸之交 【読み方】 ふんけいのまじわり 【意味】 首を切られても悔いないほど、固い友情で結ばれた交際。心を許し合った非常に親密な交際。 【語源・由来】 「刎頸」は刀で頸(首)を刎ねること。たとえ首を刎ねら…

「せ」で始まる四字熟語

精衛填海【せいえいてんかい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 精衛填海 【読み方】 せいえいてんかい 【意味】 不可能なことを企て、徒労に終わること。また、いつまでも悔やみ続けること。 【語源・由来】 「精衛」は海辺にすむという古代中国の想像上の小鳥の名。「填海」は海…

「こ」で始まる四字熟語

後悔噬臍【こうかいぜいせい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 後悔噬臍 【読み方】 こうかいぜいせい 【意味】 後になって悔やんでも、いまさらどうしようもないこと。 【語源・由来】 自分のへそを嚙もうとしても嚙むことはできないように、後で悔んでもどうにもならないという…

「せ」で始まる四字熟語

切歯扼腕【せっしやくわん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・英語訳)

【四字熟語】 切歯扼腕 【読み方】 せっしやくわん 【意味】 非常に怒り、悔しがること、悔しさに怒り狂うこと。憤慨し非常に残念がること。 困難に直面したときに、窮状を打開したくても、何らかの理由で手が出せないようすをいう…

「い」で始まる四字熟語

遺憾千万【いかんせんばん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 遺憾千万 【読み方】 いかんせんばん 【意味】 不本意で心残りなこと。物事が思うようにならず、このうえなく残念に思うさま。 残念でたまらないことこの上ない。 遺憾千万なこと、遺憾千万に思う、などと表現する。…

「さ」で始まる四字熟語

残念無念【ざんねんむねん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 残念無念 【読み方】 ざんねんむねん 【意味】 とても悔しいさま。悔しくて悔しくてたまらないこと。 【語源由来】 「残念」も「無念」も、非常に悔しいことで、これを重ねて調子を整え、意味を強調したことば。 【…