刎頸之交【ふんけいのまじわり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
刎頸之交

【読み方】
ふんけいのまじわ

「ふんけいのこう」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
心を許しあったきわめて親密な交際。

【語源・由来】
『史記』「簾頗藺相如伝」より。「刎頸」は刀で頸(首)を刎ねること。たとえ首を刎ねられても後悔しないほど深い友情のことをいう。
中国春秋時代、趙の将軍廉頗は、弁舌で恵王文の厚い信頼を得た藺相如を恨んだが、相如は二人が争えば大国秦に攻められて趙が滅びるとして二人の争いを避けた。これを伝え聞いた簾頗は心から謝罪し、二人は生死を共にするほどの親交を結んだという故事から。

【類義語】
・刎頸之友(ふんけいのとも)
・管鮑之交(かんぽうのまじわり)
・金蘭之契(きんらんのけい)
・膠漆之交(こうしつのまじわり)
・水魚之交(すいぎょのまじわり)
・耐久之朋(たいきゅうのとも)
・断金之交(だんきんのまじわり)
・莫逆之友(ばくぎゃくのとも)
・雷陳膠漆(らいちんこうしつ)


刎頸之交(ふんけいのまじわり)の使い方

健太
ともこちゃん。宿題が終わらないんだ。助けてくれないか!
ともこ
宿題は自分でしないと意味がないわ。
健太
刎頸之交をする仲じゃないか。
ともこ
刎頸之交をする仲だからこそ、甘やかさないわ。

刎頸之交(ふんけいのまじわり)の例文

  1. 薄っぺらい友人が大勢いても意味がない、刎頸之交をする友人が一人でもいたら幸せです。
  2. ともこちゃんとは長い付き合いで、刎頸之交を結んでいます。
  3. 刎頸之交を誓い合っているので、ともこちゃんのためなら命をかけることができます。
  4. アメリカの大統領と首相は刎頸之交をしているそうです。
  5. 刎頸之交を誓う友人のために、一肌脱ごうと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事