CATEGORY 「言葉が多い」の四字熟語一覧

「し」で始まる四字熟語

焦唇乾舌【しょうしんかんぜつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 焦唇乾舌 【読み方】 しょうしんかんぜつ 【意味】 唇や舌が乾くほどに辛苦すること。大いに焦燥すること。また、大いに言い争うことのたとえ。大いに焦るさまに用いられることもある。 【語源・由来】 唇が焦げ舌が…

「し」で始まる四字熟語

饒舌多弁【じょうぜつたべん】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 饒舌多弁 【読み方】 じょうぜつたべん 【意味】 よくしゃべって口がまわること。必要以上に口数が多いこと。おしゃべり。 【語源・由来】 「饒舌」は、口数が多いこと。多弁なこと。おしゃべり。「多弁」は、口数の…

「ゆ」で始まる四字熟語

維摩一黙【ゆいまいちもく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 維摩一黙 【読み方】 ゆいまいちもく 【意味】 多弁より沈黙がまさっていることのたとえ。 【語源・由来】 「維摩」は古代インドの大富豪で、在家のまま釈迦の弟子としてその教化を助けた。 釈迦の弟子たちが仏教の…

「ほ」で始まる四字熟語

放語漫言【ほうごまんげん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 放語漫言 【読み方】 ほうごまんげん 【意味】 言いたい放題。 【語源・由来】 「漫言」はとりとめのない言葉。「放語」は口から出まかせを言いちらすこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・漫言放言(まんごほ…

「て」で始まる四字熟語

跌蕩放言【てっとうほうげん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 跌蕩放言 【読み方】 てっとうほうげん 【意味】 まわりの人をまったく気にしないでしゃべりちらすこと。ほしいままに放言すること。 【語源・由来】 「跌蕩」はしまりがなくほしいままという意味。 【典拠・出典】…

「し」で始まる四字熟語

疾言遽色【しつげんきょしょく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 疾言遽色 【読み方】 しつげんきょしょく 【意味】 落ち着きがないこと。早口でしゃべり、あわてた顔つきをすること。 【語源・由来】 「疾」は早い。「遽」はあわてふためくこと。「色」は顔色をいう。 【典拠・出…

「し」で始まる四字熟語

七嘴八舌【しちしはちぜつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 七嘴八舌 【読み方】 しちしはちぜつ 【意味】 意見の多いこと。またあちこちから意見の出ること。七つのくちばしと八つの舌という意味。 【語源・由来】 「嘴」はくちばし。 【典拠・出典】 袁枚「牘外余言」 七…

「こ」で始まる四字熟語

鼓舌揺脣【こぜつようしん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 鼓舌揺脣 【読み方】 こぜつようしん 【意味】 盛んにしゃべりたてること。 【語源・由来】 「鼓舌」は舌を鳴らしてしゃべる、饒舌なこと。「揺脣」はくちびるを動かす、しゃべること。 【典拠・出典】 『荘子』「…

「こ」で始まる四字熟語

懇到切至【こんとうせっし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 懇到切至 【読み方】 こんとうせっし 【意味】 ねんごろに真心から親切を尽くすこと。真心を尽くし、十分に言い聞かせること。 【語源・由来】 「懇到」と「切至」はともにねんごろで十分に行き届くこと。 【典拠・…

「え」で始まる四字熟語

越鳧楚乙【えつふそいつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 越鳧楚乙 【読み方】 えつふそいつ 【意味】 場所や人によって同じものでも呼び名が異なるたとえ。 【語源・由来】 空高く飛んでいる鴻(おおとり)を見て、越の国の人は鴨であると言い、楚の国の人は燕であると言っ…

「ふ」で始まる四字熟語

舞文曲筆【ぶぶんきょくひつ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 舞文曲筆 【読み方】 ぶぶんきょくひつ 【意味】 故意に語句を飾りたて、また、事実を曲げて書くこと。 【語源・由来】 「舞文」は文章を飾り立てること。「曲筆」は事実を曲げて書くこと。 【典拠・出典】 - 【…

「せ」で始まる四字熟語

千言万語【せんげんばんご】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 千言万語 【読み方】 せんげんばんご 【意味】 非常にたくさんの言葉。また、たくさんの言葉を話すこと。さらにくどくどと言うこと。 たくさんのことばを費やして、人を説得するときなどに用いられる。 【語源・由来…

「い」で始まる四字熟語

一筆啓上【いっぴつけいじょう】の意味と使い方や例文(語源由来・英語訳)

【四字熟語】 一筆啓上 【読み方】 いっぴつけいじょう 【意味】 男性が手紙の冒頭に用いる定型的な挨拶の言葉で、簡単な手紙・短い文章の手紙を差し上げますという意味。 筆をとって文章で申し上げるということ。 【語源・由来】…

「い」で始まる四字熟語

一言居士【いちげんこじ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 一言居士 【読み方】 いちげんこじ 【意味】 何かにつけ、ひと言いわずにはいられない人。 【語源・由来】 一言居士の「居士」は元は仏教語。古代インドでは資産家の家長を指し、中国では学特が高くても仕官しない人…